TOTTRIP

家族のような人々との出会い、古き良き日本の旅。

大山登山

大山は、鳥取県にある標高1,729mの火山で、中国地方最高峰の山です。大山は日本の国立公園に選定されています。大山は、NHKで実施された「日本名峰ランキング」で富士山、槍ヶ岳に続きベスト3に選ばれたこともある名峰です。2010年8月の登山者は約2万人を数えます。

大山は古代の縄文・弥生時代から、「大いなる神の在ます山」として、人々に崇敬されてきました。また、修験道の聖地として栄えた霊山としての歴史を持っています。江戸時代まで、大山への入山は固く禁じられており、結果として、今では西日本最大級の規模を誇るブナの林を有する山となっています。大山の中腹には、かつての栄華を誇る大山寺と、そのすぐ上には大神山神社があります。
登山にあたって、登山届が必須となっています。登山の前に大山情報館にお立ち寄りいただき、登山届を提出してから登ってください。