TOTTRIP

家族のような人々との出会い、古き良き日本の旅。

中山神社

「だいこくさま」の歌で知られる「因幡の白兎」 本当の神話の舞台は大山にあるこの神社とも言われています。
  • 名称:中山神社(ナカヤマジンジャ)
  • 住所:鳥取県西伯郡大山町束積ツカヅミ8
  • お問い合わせ: 0859-53-3110(大山町観光商工課)
  • 営業:境内自由
  • 定休日:無休
  • 交通アクセス:JR山陰本線(豊岡~米子)中山口駅 から徒歩30分(2.4km)最寄のバス停中山口駅 → 束積 下車 徒歩1分(59m)(車)山陰道名和ICよりR9を鳥取市方面へ、羽田井入口交差点を右折、県道239号線を大山方面へ。約20分

ご利益
美肌・子授け・安産・母乳




「因幡の白兎」 伝説の舞台は、一般に鳥取市の白兎海岸だと言われています。 しかし、江戸時代半ばの国学者・本居宣長は、その生涯をかけて著した『古事記』の詳細な注釈書『古事記伝』(全44巻)の中で、白兎神社は大山のふもとにある「中山神社」(当時は大森大明神)のことであると書いています。 束積地区の中山神社の傍らに、ひっそりと祀られている「サギの宮」。 『上中山村郷土史』や『中山神社縁起』には、「伯耆の白兎」と題して、この地に伝わる白兎伝説が記されています。