TOTTRIP

家族のような人々との出会い、古き良き日本の旅。

倭文神社

創建1千年を超える伯耆国の一之宮として古くから信仰を集めてい神社で、祭神である下照姫(シタテルヒメノミコト)は大国主命の娘で、出雲からこの地に着き住居を定め、安産の普及に努めたといわれています。
境内には「安産岩」と呼ばれる岩があります。安産の神としてまた才色兼備の女神と伝わることから、女性の守り神とされており、下照姫にあやかって女性に幸福を呼ぶと言われています。


  • 名称:倭文神社(シトリジンジャ)
  • 住所:鳥取県東伯郡湯梨浜町宮内
  • お問い合わせ:0858-35-5383 湯梨浜町産業振興課
  • 営業:境内自由
  • 定休日:無休
  • 交通アクセス:JR倉吉駅下車、車で約25分

ご利益
安産・女性の守り神