TOTTRIP

家族のような人々との出会い、古き良き日本の旅。

売沼神社

神話「因幡の兎」に登場する「八上姫(やがみひめ)」は因幡国の絶世の美女といわれ、大国主命と兄弟八十神が、この八上姫に求婚しようと向かう途中で、大国主命に助けられたうさぎが、この八上姫との縁を結んだといわれています。
別名、八上売沼神社(やがみひめのじんじゃ)と呼ばれており、ヤガミヒメを主祭神として祀った神社です。
こちらの神社横の簗瀬山に前方後円墳があり、ヤガミヒメの古墳といわれ、ヤガミヒメが最後に亡くなったのは、この地といわれがあります。

ご利益恋愛成就・安産祈願


  • 名称:売沼神社(メヌマジンジャ)
  • 住所:鳥取県鳥取市河原町曳田
  • お問い合わせ:TEL0857-22-3318
  • 営業:境内自由
  • 定休日:無休
  • 公共交通機関:JR山陰本線 鳥取駅より、日ノ丸自動車バス南部幹線乗車、 「河原町総合支所前」下車、徒歩約28分
  • 自動車:鳥取道 河原ICより国道53号を鳥取市街方面へ約500m進む。 河原橋東交差点を左折し、河原橋を渡り、河原橋西交差点を 左折し、県道195号、196号を約1.5km進む。(Pあり)

 神社に隣接してる「八上姫公園」には、八上姫公園では、古事記に登場する大国主命と八上姫の物語をパネルで見ることができ、散策をしながら古事記について親しむことができます。