TOTTRIP

家族のような人々との出会い、古き良き日本の旅。

「因幡の白兎」のストーリー

 

白兎が渡ったという淤岐ノ島(おきのしま)が浮かぶ海岸


兄神の意地悪から始まる物語

大国主命(オオクニヌシノミコト)には、八十神(やそがみ) と呼ばれる大勢の兄神がいました。八上(現在の鳥取県八頭郡)にいるという美しい姫 八上姫(やかみひめ)に求婚するため、兄神らは末弟の大国主命に荷物を背負わせて、八上に向かいそそくさと行ってしまします。
その途中、兄弟らは因幡の気多(現在の鳥取市)の岬で、毛を全身むしられ砂浜で泣き悲しんでいる白ウサギを見つけます。

嘘つきの兄神と白兎

元々淤岐ノ島にいた白ウサギは気多(ケタ)の岬に渡ろうと、 「私とお前とどちらの一族が多いかを数えてみたい。自分の同族をありったけ全部連れてきて、一列に並び伏しておれ。 私はその上を跳んで数えて渡ろう」というウサギの話に欺かれてワニたちは気多の前まで一列に並びました。 その上を踏んで渡った白ウサギは下りる前に「お前たちは私にだまされたのだよ」と言ってしまったため、一瞬のうちに最後のワニに捕まえられ、毛皮をはがされてしまいました。  意地の悪い八十神たちは、白ウサギに「海水を浴びて風に当たって寝ていろ」とウソを教えたため、白ウサギの体は前よりも酷い状態になってしまったのです。

スーパーヒーロー登場

遅れて海岸に着いた大国主命は、全身ひどく傷ついてシクシク泣いている白ウサギを見るや、「今すぐ川口で体を洗い、蒲黄(がま)の穂を敷き散らすのだ。その上で寝転んで花粉を体につければ、傷は癒えるだろう。」と正しい治療法を教え、その通りにすると傷はたちまち癒えてしまいました。

姫のハートを射止めた大国主命

喜んだ白ウサギは 『八十神は決して八上姫(やかみひめ)得ることはできません。八上姫はきっと、あなたのお嫁さまになるでしょう。』 と予言しました。一目で人となりを判断できる聰明な女性の八上姫は八十神の求婚をはねつけて、後から来た大国主命と結婚することとなりました。

白兎神が祀られている神社


「因幡の白兎」伝説ゆかりの地
白兎神社(ハクトジンジャ)
白兔神(因幡の白兎)を主祭神とし、皮膚病に霊験のある神、医療の神として、また縁結びの神として厚く信仰
白兎海岸(ハクトカイガン)
白兎が渡ったという淤岐ノ島(おきのしま)が海中に浮かぶ海岸
売沼神社(メヌマジンジャ)
大国主命と美しい八上姫命の出会いの地
倭文神社(シトリジンジャ)
大国主命の娘、下照姫命(したてるひめのみこと)が祀られ女性の守り神として信仰
波波伎神社(ハハキジンジャ)
大国主命の御子神の事代主命(コトシロヌシノミコト)が祀られる
中山神社(ナカヤマジンジャ)
もう一つの白兎伝説の地


大国主命がウサギを助けた「因幡の白兎」神話は鳥取県東部のお話ですが、実は「伯耆の白兎」というもう一つの説が鳥取県西部にも存在します。
鳥取県西部の大山にいた兎が鱒の背を踏んで川を渡っていたところ、足を滑らせ川に落ち、木の枝につかまって島根県の隠岐の島に流れ着き,隠岐から戻ろうと、サメ(ワニ)をだまして海を渡るというお話です。
「伯耆の白兎神社」と言われる中山神社の神主の細谷家では、代々「兎の肉」を食べることを禁止されていたことから、謎は深まります。