TOTTRIP

家族のような人々との出会い、古き良き日本の旅。

奥日野の神社巡りで新年の開運を!

 まもなく新しい年が明けます。一年の最初の行事といえば「初詣(はつもうで)」。寺社にお参りして、昨年一年間の感謝を捧げたり、新年の平安・招福を祈願するという日本古来の伝統行事です。自分の住んでいる地域や県外の有名な神社を参拝される方が多いと思いますが、鳥取県南西部に位置する日野町・日南町エリア「奥日野(おくひの)」には、とても縁起のいい名前の神社がいくつもあるのをご存じですか。実はこれらの神社、「開運・金運に御利益あり」という、知る人ぞ知る人気のパワースポットなんです!

 新たな年にいい運気をグッと引き寄せるため、奥日野の神社巡りをしてみませんか。ここにしかない絶景&激旨グルメと合わせれば、明るく楽しい年の幕開けになること間違いなし! カップルの初詣デートにもオススメですよ♪


 奥日野はその昔、砂鉄を原料とする製鉄法「たたら製鉄」が盛んに行われてきた地域。そのことに由来して、製鉄炉への空気を送るときの「吹く(ふく)」という言葉から同じ読み方の「福(ふく)」という字がつく地名が多く、土地の神様を祀る神社にも「福」の字がついているところが幾つもあるというわけです。

 そのうちの一つが、鳥取県日南町にある樂樂福神社(ささふくじんじゃ)」。その社名から「楽しい生活と幸福を招く」として多くの参拝者が訪れています。創建は1100年以上の昔という古社で、かつては日野川を隔てた対岸にも「(西)樂樂福神社」があり、東西・二社一対として祭祀されていたそうですが、2004年に合祀され1社となったという歴史があります。ですから、今でもこの本社を「東樂樂福神社」と呼ぶ人もあるのだそうです。

 そして、幸せを呼び込んでくれそうな神社がもう一つ。「福が栄える」というありがた~い名前の福榮神社(ふくさかえじんじゃ)です。1913年に地域各所にあった神社を合祀、「豊栄(とよさかえ)」「神福(かみふく)」「福塚(ふくづか)」という縁起の良い社地の名前を合わせてできたのだそうです。

 たたら製鉄が行われていた時代は「鉄」のことを「金(かね)」と呼んでおり、その原料となる玉鋼(たまはがね)は当時黄金以上の値打ちがあったのだとか。そのことから樂樂福神社、福榮神社は、開運招福だけでなく金運上昇のパワースポットとしても注目されています。


●樂樂福神社(ササフクジンジャ)
鎮座地:〒689-5216 鳥取県日野郡日南町宮内1065
お問い合わせ:TEL 0859-82-1115(日南町観光協会
交通アクセス:JR伯備線生山駅から車で約15分
URL:樂樂福神社公式サイト

●福榮神社(フクサカエジンジャ)
鎮座地:〒689-5672 鳥取県日野郡日南町神福1247
お問い合わせ:TEL 0859-82-1115(日南町観光協会
交通アクセス:JR伯備線生山駅から車で約25分
URL:福榮神社公式サイト



 金運上昇を願うなら、鳥取県日野町にあるこの神社への参拝は外せません。その名も金持神社! 実は「かねもち」ではなく「かもち」と読むのですが、いかにも金運に御利益がありそうではありませんか。金持神社の由来もやはりたたら製鉄にあり、「鉄が採れる谷を多く持つ集落」ということで「金持」と呼ばれるようになったそうです。

 「本当に金運アップに御利益があるの?」と疑いを持つ方があるかもしれませんが、No,No,No, 金持神社は驚きの実績を持っているんです。「宝くじが高額当選しました」「商売がうまくいきました」「一生お金に困らない生活ができます」等々、境内には金運・幸運に感謝する言葉を書き記した絵馬がズラリ! これらを目の当たりにしたら、御利益を信じてガチでお祈りするしかありません。

 駐車場横にある金持神社札所(売店)には、「絵馬」や「開運便利財布」、古紙幣の裁断片がすき込まれた「金持万札黄扇子」など、神社でご祈祷済みの縁起物アイテムがいっぱい。オススメは、幸せを呼ぶという「黄色いハンカチ」(1,080円)。購入した宝くじを包んで、神棚など自分の頭より高い位置に置いておくといいのだとか。ぜひ試してみてください。


●金持神社(カモチジンジャ)
鎮座地:〒689-4512 鳥取県日野郡日野町金持74
お問い合わせ:TEL 0859-72-0332(日野町観光協会
札所の営業時間:10:00~16:00
札所の定休日:年中無休
交通アクセス:JR伯備線根雨駅から車で約7分
URL:金持神社公式サイト



 金持神社参拝後は、奥日野の自然の美味しさがギュギュッと詰まった「奥日野きのこのコンフィバーガー」(600円)をどうぞ! 米子市内にあるバーガー専門店「THE BURGER STAND BUBUNOVA日野町の原木シイタケ農家「しいたつがタッグを組んで生まれたバーガーで、奥日野の自然の美味しさがギュギュッと詰まっています。しかもこのバーガー、とっとりバーガーフェスタ・全国ご当地バーガーグランプリにおいて2015年は第2位及び「一番おいしかったバーガー賞」受賞、2016年は第4位と、2年連続上位入賞という実力の持ち主。つまりそのお味は、全国の“バーガー大好き!”な人たちのお墨付きというわけなんですね。

 極厚原木シイタケ・シメジ・エリンギのコンフィ和風ジェノベーゼ仕立てに、トマト、飴色に炒めたタマネギ、ビーフ100%のハンバーグを挟んだバーガーはボリュームたっぷりで、ソースや肉汁もあふれんばかり! ゴロゴロと食べ応えある原木シイタケの旨みが大葉の風味が利いたジェノベーゼソースと絡まって、今まで食べたことのないような味わいが口いっぱいに広がります。ハンドカットミンチの粗挽きハンバーグはとってもジューシーで、肉の旨みが舌にダイレクトに伝わってきますよ~。

 毎週土日のみですが、数量限定で金持神社札所(売店)付近で販売中。奥日野の必食グルメです!



●THE BURGER STAND BUBUNOVA 奥日野金持店(ザ・バーガー・スタンド・ブブノワ オクヒノカモチテン)
住所:〒689-4512 鳥取県日野郡日野町金持1490 金持神社札所(売店)付近
お問い合わせ:TEL 0859-21-7034
営業日・時間:毎週土・日曜の10:00~15:00 ※数量限定
交通アクセス:JR伯備線根雨駅から車で約7分
URL:THE BURGER STAND BUBUNOVA Facebook


 奥日野のパワースポットは神社だけではありません。金持神社から車で約15分、鳥取県日野町と岡山県新見市との境に位置する明地峠(あけちとうげ)は、奥日野エリアを代表する絶景パワースポットです。

 鳥取県屈指の雲海(うんかい)の名所で、気温の寒暖差が激しくなる10月後半から1月にかけての晴れた日の早朝には、眼下の里山が真っ白な雲海に包み込まれるのです。その情景はまるで、八百万の神様たちが住まう天界にやって来たかのよう。空気の澄んでいる日は、遠くに大山南壁を望むこともできます。朝日に照らされて冠雪がオレンジ色に輝く様は実に神々しく、心が洗われるようです。

 天候条件がそろわないとなかなか見られない明地峠の雲海。もしも運良く出会うことができたなら、あなたにいい運気が巡ってきているという証拠かもしれません。


●明地峠(アケチトウゲ)
住所:〒689-4524 鳥取県日野郡日野町別所
お問い合わせ:TEL 0859-72-0332(日野町観光協会)
交通アクセス:JR伯備線根雨駅から車で約20分
URL:日野町観光公式サイト


【注意事項】
 奥日野は冬季に積雪が多い地域です。天気情報、交通情報、各スポットの情報を十分ご確認の上、服装や履物等、その状況に応じた準備を行ってお出かけください。
 道路や神社の参道に積雪・凍結がある場合は大変滑りやすいので、足もとに十分注意してください。
 車で出かけられる場合は必ず冬用タイヤを装着し、タイヤチェーンを携行してください。

鳥取県雪道情報提供システム「とっとり雪みちNavi