TOTTRIP

家族のような人々との出会い、古き良き日本の旅。

鳥取砂丘の砂像もリオ五輪を応援!

 いよいよ、ブラジル・リオデジャネイロで行われるオリンピック・パラリンピックの開幕が間近に迫ってきました。ハラハラドキドキ、手に汗握りながらの観戦・応援を楽しみされている方も多いことでしょう。

 鳥取市を代表する観光地「鳥取砂丘」でも、リオ五輪に大きな声援を送っているものがあります。それは鳥取砂丘 砂の美術館で絶賛公開中の、第9期展示「砂で世界旅行・南米編 ~繁栄の記憶を留める奇蹟の新大陸を訪ねて~」(2016年4月16日~2017年1月3日)の砂像たちです!

 南米の熱~い風が感じられるほどリアルな作品群に、遠く地球の裏側で開催されるリオ五輪が身近に思えてくること間違いなし。現地へ観戦に出かける方も、テレビで応援という方も、砂像たちが織り成す南アメリカの世界をちょっと旅してみませんか?

 2階のメイン展示エリアへ一歩足を踏み入れると、そこはもう南米。幅28m、奥行き57m、高さ13mという広大な展示室に、大小19の作品がズラリと並んでいます。13~16世紀にわたって繁栄したインカ帝国、その首都クスコに残る伝統的な街並み、葦を束ねた浮島で暮らすチチカカ湖のウル族、南米高地にあるコーヒー農園、南米最大の国家・ブラジルの現代建築など様々な角度から南米大陸の魅力に迫り、繊細かつダイナミックに表現してされています。
 有名な世界遺産「空中都市マチュピチュ」の砂像は、標高2,430mの山の尾根にあるという実際の立地を再現しようと、3階のデッキから見て初めてその全貌が分かるという面白い展示に。本物に優るとも劣らない神秘的な雰囲気で、本当にマチュピチュにやってきたような気分になります。

 この南米編の制作は、砂の美術館の総合プロデューサー・茶圓勝彦氏のデザイン&プロデュースのもと、世界10カ国から集まった18名の砂像彫刻家たちによって作り上げられました。細部にまでこだわった彫刻は、人も動物たちも今にも動き出しそうなほど。見応えたっぷりです。

 この第9期展示・南米編には、「砂の美術館史上初」の試みが3つも盛り込まれています。
 1つ目は「砂の量」。前回より500トン増量し、過去最大の約3,000トンの砂を使用。今まで以上の規模でもって、南米大陸のスケール感を表しています。
 2つ目は、作品の中に「滝」を取り入れたこと。一番奥のメイン砂像「伝説の黄金郷エルドラド」と「黄金を求めて」の中央には、本物の水を流した滝が作られています。砂像を崩してしまう恐れのある水は、本来御法度。しかし今回はあえて挑戦、滝の流れで砂像に動きを起こし、命を吹き込んだのです。
 3つ目は、「離れたブロックにある3つの作品が、ある場所から見ると1つの大きな作品になる」というもの。あまりに大きすぎて、気付かず通り過ぎてしまう人もいるとか。リオデジャネイロの象徴ともいえるその像は、前出のメイン砂像を見た後そのまま後ろに振り返るとドーンと目に飛び込んできますよ。

 砂像鑑賞の後は、「作る」体験もやってみませんか。高さ20㎝×幅20㎝の砂の固まりを思い思いの形に彫るミニ砂像体験は、砂の性質や彫刻の楽しさ・難しさを実感できるアクティビティーです。専門スタッフが手順を教えてくれるので、初心者やお子さまでも楽しく作ることができます。

 南米の熱い風を感じた後は、甘くて美味しいジェラートを食べてクールダウン。砂の美術館から鳥取砂丘入口方面へ3分ほど歩いたところに、10種類以上のジェラートを味わうことのできる「さんこうえん砂丘店」があります。
 こちらのオススメは、なんといっても「梨ジェラート」(シングル300円)! 鳥取県の名産品「二十世紀梨」をメインに数種類の梨がブレンドされていて、ふくよか&まろやかな味わいに仕上がっています。しかも鳥取県産コラーゲン入りで、このコラーゲンがジェラートの舌触りをなめらかにしているのだとか。どうりで、梨の美味しさが舌にスーッと浸透するわけです。
 みずみずしさの中に梨の甘さがたっぷり。でも全然しつこくなく、後味は驚くほどサッパリ! 暑い夏にピッタリな、爽やか味のジェラートです。

 実はさんこうえんは、鳥取砂丘の近くで10数種類の梨を栽培する観光農園。1904年創業と県内で最も古い梨園で、高い栽培技術と手間を惜しまない丁寧な手入れで美味しい梨を育てています。
 化学肥料ではなく、落ち葉や剪定した枝、油かす等自然のものを活用して梨の木に施し、除草剤は使わず年に4~5回草刈りをするのだとか。また、山の斜面にある畑は日当たりや水はけが良く、糖度・酸味・水分のバランスが整った上質な梨が実るのだそうです。梨ジェラートがあんなに美味しいのは、丹精込めて育てられた高品質の梨だからなんですね。

 さんこうえんでは、毎年8月から11月中旬にかけて「梨狩り体験」を行っています。もぎたての梨はとってもジューシーで、かぶりつくたびに果汁が口からあふれんばかり! 時期によって収穫できる品種が変わるので、お好みの梨を狙って出かけてみるのもいいですね。予約なしでもOKですが、インターネット予約をすると体験料が100円引きになる上、梨ジェラートの無料サービスがあります。



●鳥取砂丘 砂の美術館(トットリサキュウ スナノビジュツカン)
住所:〒689-0105 鳥取県鳥取市福部町湯山2083-17
お問い合わせ:TEL 0857-20-2231
営業時間:平日・日曜日 9:00~18:00(最終入館17:30)
     土曜日 9:00~20:00(最終入館19:30)
定休日:展示替期間中(1月初旬~4月中旬) ※開催期間中は無休
入場料:一般600円 小中高校生300円 ※20名以上の団体料金は一般500円、小中高校生200円
ミニ砂像体験:1体500円(道具レンタル込み) ※詳細はこちら
交通アクセス:鳥取駅から路線バス「砂丘線」で21分、「砂の美術館前」下車、徒歩1分
カード:利用可
Wi-Fi:利用可
URL:鳥取砂丘 砂の美術館公式サイト


●さんこうえん砂丘店(サンコウエンサキュウテン)
住所:〒689-0105 鳥取県鳥取市福部町湯山2164-807
お問い合わせ:TEL 0857-30-1174
営業時間:平日 10:00~17:00 土日 10:00~18:00
定休日:不定休 ※8~9月は無休
交通アクセス:鳥取駅から路線バス「砂丘線」で22分、「鳥取砂丘(砂丘会館)」下車、徒歩2分
カード:利用不可
Wi-Fi:利用不可


●さんこうえん(サンコウエン)
住所:〒689-0105 鳥取県鳥取市福部町湯山1973
お問い合わせ:TEL 0857-20-1174
営業時間:9:00~17:00
定休日:開園期間中は無休 ※2016年の梨狩り期間は7月30日(土)~11月13日(日)
梨狩り体験:中学生以上1,000円 5歳以上900円
※梨のお持ち帰りは別途料金がかかります。
※インターネット予約は100円引き+梨ジェラート無料サービス
交通アクセス:鳥取駅から日本交通バス「岩美・岩井線」で20分、「砂丘東口」下車、徒歩16分
カード:利用不可
Wi-Fi:利用不可
URL:さんこうえん公式サイト