TOTTRIP

家族のような人々との出会い、古き良き日本の旅。

植田正治写真美術館 20周年

世界的写真家、故・植田正治氏の作品約1万2000点を収蔵、展示するミュージアム「植田正治写真美術館」では、開館20周年を迎え、記念企画展 植田正治の「山陰」が始まりました。

植田正治がカメラを向けた場所に着目した企画展で、「どこで撮ったか」を意識しながら、自分の体験や 記憶と結び付けながら見ることで、植田正治の写真、そして 写真そのものの魅力を再認識、発見をお楽しみいただけます。

期 間: 2015.09.12 ~ 2015.11.30
時 間: 9月12日(土)〜11月30日(月)9:00〜17:00(最終入館16:30)
会 場: 植田正治写真美術館
住 所: 西伯郡伯耆町 料 金: 一般900円、高大生500円、小中生300円
休 み: 火曜(祝祭日の場合翌日、9/23除く)

美術館は建築家高松伸の設計で、コンクリートむき出しの外観は中世ヨーロッパの神殿をイメージさせ、4つの独立した棟の間に水を張って池を配し、水面に映る「逆さ大山」が楽しめる外観となっています。

鳥取の自然と調和した建造物はとても美しく、時間を忘れてゆっくりと過ごしてみませんか。