TOTTRIP

家族のような人々との出会い、古き良き日本の旅。

二十世紀梨日本一

二十世紀梨の生産量全国第一位の鳥取県。
鳥取県といえば梨、梨といえば鳥取県といわれるほど有名です。

明治21年、千葉県松戸の松戸覚之助に発見され、「これぞ20世紀最高傑作」ということで、二十世紀梨と命名されました。
鳥取県には明治37年(1904年)に導入され、100年以上の栽培の歴史があります。

二十世紀梨は、口の中にジュワッと広がるみずみずしい果肉で、甘さと酸味のバランスがいい爽やかな味と、シャキシャキの食感が人気の梨として今もなお人気の果物です。 鳥取県では二十世紀梨をはじめ様々な品種の梨と生産もされていて、8月下旬からまさに最盛期に入り、旬の梨をたくさん食べることができます。
県内には梨を食べるだけでなく、梨のテーマパーク「鳥取二十世紀梨記念館 なしっこ館」や鳥取砂丘周辺にはたくさんの梨狩り園が点在しています。

梨の魅力や歴史を知って、自分で美味しい梨を収穫して食べる!こんな楽しみ方ができるのは鳥取県ならではです。
秋の観光は、梨狩り体験を入れてプランを立ててはいかがでしょう。